スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|スポンサー広告 | |
スタート
Abeille

お店のお客さんから
「ブログやメルマガはやらないのですか?」と言われ続けてはや数年、、、
やっと重い腰をあげてブログというものを始めることにしました。

アンティークのこと
商品の仕入れのこと
家の修復のこと
ブルターニュのこと
街のこと
作品のこと

などなど、のんびりとマイペースに綴っていけたらと思っています。
2010年、どうぞ宜しくお願いします。

abeille

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
|未分類 | comment(0) |
小さな古い街
juillet06zm.jpg

私達が住んでいるフランス・ブルターニュ地方にある小さな街。

街の中にお城があり、中心街はぐるりと城壁に囲まれています。
今の名前の街になって1000年(!)ということで、この2年間はいろんなお祭りが。

私達が住んでいる家は16世紀築らしいのですが、周りも同じように中世の頃の家ばかり。。。
傾いて支え合うように建ち並んでいます。
我が家ももちろん傾いております。。。
丸いモノは床に置くと全て転がります。。。


abeille

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
にほんブログ村


|ブルターニュ | comment(0) |
螺旋階段
escalier

我が家の階段です。
かなり古~いです。。。

これは一階から2階に上がる階段。
段差が高く、幅が狭いので、慣れるまではちょっと怖い。。。
今はもう暗闇でも上り下りできるようになりましたが。
一応手すり代りに縄がぶら下がっています。この縄も、黒光りしていて時代を感じさせます。

左に見えるのは地下への扉。
ベージュのペンキが塗ってあったのをがんばって剥がして元の木の状態にしました。
地下に続く階段は石造りです。

地下には私のアトリエが。
そして冷蔵庫や洗濯機も。
なので一日に何度もこの扉を通ることになるのですが、この扉が小さい!
背を屈めないと頭を打ち付けることになります。。。
昔の人は小さかったのだろうか。。。

abeille

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ

|家の修復 | comment(0) |
neige

また寒波がやってきて寒~くなりました。
ブルターニュ地方は年間通じて割と過ごしやすい気候なのですが、
この冬は3度目か4度目の雪!

昨日の午後は降ったりやんだり。。。
なかなか見られない風景なので、家の窓から前の通りをパシャリ。
これ、夕方なのですが、もう薄暗いです。

雪はきれいだし好きなんだけど、、、
早く春にならないかなぁ。

abeille

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ

|暮らし | comment(2) |
新商品更新
saucierefleurbleu1.jpg

新商品を更新しました。
今週のお勧めは、写真のソースカップ。
フランス、SARREGUEMINES and DIGOIN製で、あまり見かけない花柄のステンシル模様。
白地にブルーが綺麗です。

ソースカップは、ソース料理の多いフランスならではの食器だと思うのですが、
素敵な形のものが多く、私はとても好きです。

お水を入れたり
花を活けたり
木の実を入れたり
シュガーポットの様にお砂糖を入れたり

もちろんそのまま飾っておくだけでも絵になります。



abeille

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
|Abeille | comment(2) |
METAL WORKS
metalworks

鉄を使った作品を作り始めてはや20年ちかく。。。
人生の半分を鉄と共に歩んでいます。

これだけ長くやっていても、鉄サビは毎回同じようには吹かず、
理想通りの色にするのは本当に難しい。
でも塗装するのではなくサビがよいのです。

このMETAL WORKSシリーズも10年以上前にNO.1から作り始め、
少しずつ増え、今ではNO.150を超えました。

今は次の展覧会用に小さな手のひらサイズのMETAL WORKSシリーズを
作っているところです。
現在NO.24!
30個は作りたいな。がんばろう。

次回展覧会は10月に名古屋で。
近くなったらまたここでお知らせします。



abeille

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
|作品 | comment(0) |
彼のアトリエ
atelierS

旦那さんのアトリエの様子。。。

以前は直線ばかりの緊張感のある絵ばかり描いていた彼が、
最近はこんな感じの作品を作っています。

パリからブルターニュに引っ越してきて、ますますナチュラル志向が
強くなってきている彼、作品にもそれが表れてきているのか、、、

自然の顔料を膠で溶いて(日本画のようですね)色も作ってます。

これからさらにどう変化していくのか、、、

現在、うちのアトリエ・ギャラリーで展示中ですが、
10月に名古屋で私と一緒に展覧会予定です。


abeille

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
|作品 | comment(0) |
ガラスのカフェオレボウル
bolenverre1.jpg

新商品を更新しました。

今週のお気に入りの一品は、綺麗なガラス製のカフェオレボウル。

この手のガラスカフェオレボウルはなかなか出会うことができず、
一年に1、2個あるかないか。。。

何かの販促グッズであることが多く、底には会社名や商品名が
入っています。

ガラスが厚めでキラキラと光の反射が綺麗。
そして心地よい重みが手になじみます。

綺麗な色のお茶を淹れて日当たりのいいテーブルでまったり
したくなるボウルです。。。


abeille

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
|Abeille | comment(0) |
お城のお庭
chateau

昨日は久しぶりに素晴らしい天気。

昼食後に近くのお城の庭へ散歩に出掛けました。

マフラーも帽子も無くても大丈夫なくらい暖かくて、
結構たくさん歩きました。

庭、といっても森のようなこのお城の庭。。。
落ち葉の絨毯も分厚くて、、、

朝早くに来ると、りすやうさぎ、キツネやシカに
出会えることも。

今日は鳥がたくさん鳴いていましたが残念ながら
他の動物たちには会えず。

でも美味しい澄んだ空気と太陽を満喫できて大満足。



フレンチアンティークのお店Abeille

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
|暮らし | comment(0) |
おもちゃのミシン
singer

ずっと欲しくて探していたシンガー製のおもちゃのミシン。

やっと手に入れました。

全てメタル製。そして小さくて可愛い!(高さ約15cm)

本当はブラックが欲しかったのですが、、、

完璧な状態のものはとっても高いのですが、この子は少し
塗装のはげがあるのと、針が折れているので結構安く
手に入れることができました。

こんなに小さいのにちゃんと縫える!
ハンドルを回すとカタカタとなんともいい音を出します。


フレンチアンティークのお店Abeille

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
|Abeille | comment(0) |
ミルクガラスのランプシェード
abatjour

新商品を更新しました。

今週のお気に入りは、ミルクガラス製のランプシェード。

縁周りのフリル部分が透明ガラスのタイプです。

フランスでは戦前にとてもポピュラーだったシェードで、
その時代の映画やTVドラマのキッチンのシーンではよく顔を出しています。

我が家でもキッチンにはこのタイプのシェードをつけています。
とてもやわらかい光で、落ち着きますよ。

ひとつひとつ手作りなので、ガラスの厚みやフォルムがそれぞれ
違っていて、アンティークならではの温もりを感じさせてくれます。



フレンチアンティークのお店Abeille

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
|Abeille | comment(0) |
クレープ屋さんの看板
enseigne

近所のクレープ屋さんの看板を作りました。

作っている時は「大きいな~」と思いましたが、
高い所にあるので設置してしまうと小さく見える、、、

デザイン、色、字体等々全てお任せ!ということだったので
とても楽しくできました。
溶接がちょっと大変でしたが、、、

鉄サビなので、時が経つといい感じになりそうです。

ブルターニュはそば粉のクレープが名物です。あとシードルも。
私達の街はとても小さいのですが、中心街だけで7軒も
クレープ屋さんがあり、しかも週の半分はクレープ屋台が
やってきます。
素朴な味で美味し~いです。

フレンチアンティークのお店Abeille

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
|作品 | comment(3) |
薪を買う
buches.jpg

またまた寒くなってきました。。。

薪ストーブ用の薪が底をついたので、買い足すことに。

フランスでは1コード=3立方mという単位で注文します。

我が家は街の中心街にあり庭がないので、
トラックに積まれた薪をドサドサっと家の前に落としてもらい、
あとは自分達で地下に運びこみます。

2人で約1時間。結構な重労働です。
寒いのに、運び終えた頃には体がポカポカ。

古い家が多いので、薪を使うお家がやはり多いようで、
この薪を運ぶ光景、よく目にします。
最近は追加料金で薪を家に運びこむサービスもあるようです。

煙突から出る煙の匂いはなんとも哀愁があり、
うちの旦那さんはこの匂いがすると
「あ~、冬が来るんだな~。」と思うとともに何故か
子供時代を思い出して温かい気持ちになるんだそう。



フレンチアンティークのお店Abeille

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
|暮らし | comment(0) |
プジョーコーヒーミル
moulin a cafe

新商品を更新しました。

今週のお勧めは、プジョー社製コーヒーミルです。

車メーカーとして有名なフランスのプジョー社ですが、
実は1810年の設立時は歯車などを作る会社でした。

コーヒーミルは車よりも歴史が古く、1840年から作られています。
その後、自転車が1882年、
車が作られたのは1891年!

フランスではコーヒーミルのコレクターが多く、
古いものはとても高額で取引きされています。

様々なモデルが存在しますが、私はこの1950年前後の
タイプがとても好きです。

シンプルな形もいいし、とっても使いやすい!

素材や色、ハンドルの形など少しずつ違うタイプがあり、
全部揃えて並べたくなってしまいます。。。


フレンチアンティークのお店Abeille

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
|Abeille | comment(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。