スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|スポンサー広告 | |
修復作業
m1


小さな家の修復。

私達がまず最初にすることは、、、

「家を裸にする」こと。


何度も何度もリフォームが繰り返された古い家は
大抵「古くて汚い部分を隠す」という手法を取られています。
壁も床も天井も、昔の部分を覆い隠すように新しく上に
かぶせてあります。

まずはこれを全て取り除いて、本来の家の姿に。


壁紙を剥がし、その下の石膏ボードを剥がし、
天井の梁を囲う木の板を剥がし、天井板を剥がし、、、

あっという間に瓦礫の山の出来上がり~です。


ちなみに手を加える前の状態はこちら。

m2




フレンチアンティークのお店Abeille

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
スポンサーサイト
|家の修復 | comment(0) |
修復作業
maison2


小さな家の修復。

2階に上がると、小さな部屋が奥にあるのですが
本当に小さい、、、
間仕切りの壁も後付けのよう。

これは壁を壊して2階全部ひとつの部屋にしてしまおう。

と、壁を取り除きました。
薄暗かった部屋が明るくなりました。


そして、正面にはリフォームされてしまった暖炉が。。。
この水色に塗られた木の扉を開けると小さな暖炉があります。

まずは覆われている部分を取り除きます。
ガンガン行きます~。

maison3



すると両脇にいい感じの石の柱が出現。

残念ながら上部の木の梁は切断されてしまっていて、
元々の暖炉の姿を復元するのは難しそう。。。

どうするか、これから作戦会議です。



フレンチアンティークのお店Abeille

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
|家の修復 | comment(2) |
壁を壊す
maison4


小さな家の修復。

壁、壊してます。。。

この家、小さいのにそれをまた更に仕切ってしまっているので
狭いし暗いし、ドアばかり。

2階に続く階段部分を覆う壁を壊し、ドアを取り除き、
シャワールームのドアと壁も取って、部屋の中央の壁も
壊すことにしました。

素焼ブロックで出来たこの壁、かなり手ごわいです。
グラインダーで切り込みを入れて、巨大金槌で
叩き壊していきます。。。

娘がいろんな人に
「パパは今小さな家を壊してるの。」と
説明しています(笑)。。。





フレンチアンティークのお店Abeille

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
|家の修復 | comment(0) |
壁撤去
maison5


小さな家の修復。

壁、壊し終わりました。

奥に見えるシャワールームの壁も取り壊して、
だいぶすっきり。
部屋の中も明るくなりました。


修復前の状態はこんな感じ。

maison6


ドアを開けると階段がありました。



フレンチアンティークのお店Abeille

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
|家の修復 | comment(0) |
Daphne
daphne


お向かいのおばあちゃんからお花を頂きました。

今年はとっても寒い冬でしたが、ここ数日少し
暖かい日が続いたのでお庭の花の蕾が膨らんだ、
とのこと。

フランスではダフネと呼ばれるこのお花。
調べてみたら日本名はジンチョウゲでした。

丁度良い花瓶が無かったので、お気に入りの
背の高い湯呑みに挿しました。

すごくいい香りで癒されます。。。




フレンチアンティークのお店Abeille

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
|暮らし | comment(2) |
壁を取り除く
maison



小さな家の修復。

2階部分です。

1階と同様、階段を取り囲む壁を取り除きます。

階段の上には小さなクローゼットがあったのですが、
これも取り除きます。
部屋を仕切る壁も取り除いて、、、


はい。こんな状態になりました。

maison


奥に見える穴の中に1階に下りる階段があります。
作業中落ちないように気を付けないと。



フレンチアンティークのお店Abeille

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
|家の修復 | comment(0) |
天井を取り除く
maison


小さな家の修復。

2階部分の天井を取り除いています。

当初は天井はこのまま少し修正して塗装しなおして、、、と
思っていたのですが、
結構たわんでしまっている部分があったり、ヒビが
入っている部分が数か所あったり、仕切り壁を取った際に
出来てしまった穴もあるし、、、
ということで全部取り除いて梁が見える状態にしよう!と
決定しました。

天井まで3メートルもあるので大変な作業です。

栗の木を薄く裂いて作られた幅3,4センチの板を
梁に釘で固定してそこに石灰モルタルをくっ付ける様に
天井が作られています。
その厚み約5センチ。。。

少しずつ壊して落として、、、、
ものすごい土ぼこりと瓦礫の山。。。

そして、、、古い梁が出てきました。


maison


梁と梁の間には大昔のボロボロの天井が。
これも取り除きます。

がんばります~。


フレンチアンティークのお店Abeille

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
|家の修復 | comment(0) |
アンティークダブルスイッチ
int


新商品を更新しました。

今週のお気に入りは、ダブルのスイッチ。
アルミニウム製でとても可愛いです。

アンティークスイッチの中でもダブルのスイッチは
なかなか出会うことのできないレア商品です。

我が家の電気配線はとってもシンプルなので
ダブルスイッチの出番が無かったのですが、
例えば、

トイレの明かりと換気扇。
大きな部屋にふたつの照明。
玄関の外と中の照明。

等ふたつのスイッチを一つにまとめてすっきりさせたい
時などにはピッタリのスイッチです。



フレンチアンティークのお店Abeille

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
|Abeille | comment(0) |
古い塗装を剥がす
maison


小さな家の修復。

「サブルーズ」という機械を丸一日レンタルしました。

古い家の修復には欠かせないこの機械。

砂のようなガラスの粒を高圧力で吹き付けて、
頑固な塗装面等を剥がしていきます。

何層にも塗装された梁、暖炉横の石の柱、等々、
ブラストしないといけないものがたくさん。

途中でガラス粒が足りなくなって買い足して、
結局1トンも使ってしまいました。

作業後の掃除が大変です。。。



フレンチアンティークのお店Abeille

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
|家の修復 | comment(3) |
屋根裏部屋へ
maison


小さな家の修復。

屋根裏のスペースは今まで使われていなかったようで
ホコリだらけ。。。

小さなトラップを開けてハシゴをかけないとアクセス
できないのでとっても不便。。。

将来的には階段を付けて屋根裏部屋を使えるように
する予定です。


この屋根裏部屋、床が土です。。。
その厚み約15cm。

全て取り除きます。
ざっと計算して約3トンの土を取り除きました。

ものすごい土埃の中、マスクを付けて黙々と、、、



フレンチアンティークのお店Abeille

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
|家の修復 | comment(0) |
インクポット
encrier


新商品を更新しました。

今週のお気に入りは、ガラスのインクポット。

ガラスの形がとても綺麗。

インクポットは好きなので今までいろいろと
見てきましたが、このデザインは初めて出会いました。

このままでも、綺麗な色のインクを入れても
どちらでも美しいオブジェです。


フレンチアンティークのお店Abeille

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
|Abeille | comment(2) |
古い天井を取り除く
maison


小さな家の修復。

屋根裏部屋の床の土を取り除くのと同時に
2階の天井の梁と梁の間にあった古い天井も
取り除きます。

この古い天井は、
幅7,8cm、長さ40センチ程の木の棒に、
藁と土を混ぜたものをグルグルと巻きつけて、
それを梁の上に隙間無く敷きつめて、下から
石灰モルタルを塗りこんで天井を作ってありました。
上には土を盛って屋根裏部屋の土床になっています。

修復前の我が家と同じです。


、、、こんな感じであっという間に土砂の山。


maison



フレンチアンティークのお店Abeille

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
|家の修復 | comment(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。