スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|スポンサー広告 | |
maison

小さな家の修復。

2階の天井と、屋根裏部屋の床。
やっと取り除き終えました。

2階から上を見上げると、、、
屋根が見えます。

少したわんでしまっている梁もあるけれど、
全体的に良い状態でホッ。

これから梁を綺麗にヤスリがけして、
天井板を張っていきます。



フレンチアンティークのお店Abeille

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
スポンサーサイト
|家の修復 | comment(0) |
砂壁を取り除く
maison


小さな家の修復。

2階部分の壁。
壁紙を剥がしてみたらその下の砂壁の状態があまり良くないので、
砂壁を全部取って下地から作り直すことに。


maison


、、、発見!

壁の中に飾り棚が出てきました~。
我が家のキッチンと同じ。

ただ、、、
この場所は屋根裏部屋へ続く階段を設置予定。

飾り棚をできるだけ生かす方向で、これまた作戦会議です。。。




フレンチアンティークのお店Abeille

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
|家の修復 | comment(0) |
jonquille
jonquille


いつも行くマルシェの無農薬野菜のお店で
可愛らしいブーケをいただきました。

黄水仙、フランス語ではjonquille。

無農薬の美味しい野菜を作っている農家の方で、
シーズン最後のマルシェだから、と庭に咲いた水仙を
お客さんみんなにプレゼントしてくれたのです。

毎年2月か3月から6月あたまくらいまでは収穫がお休み
とのことでマルシェにも来ないので、この時期は
安全で美味しい野菜が手に入りづらくなってしまいます。

困る、、、


頂いた黄水仙は小振りで可憐なお花。
マスタードポットに挿してみました。
黄色が映えますね~。


フレンチアンティークのお店Abeille

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
|暮らし | comment(2) |
砂壁を取り除く 2
maison


小さな家の修復。

引き続き砂壁を取り除いています。

隣のお宅との境の壁、砂壁を取り除いたらいい感じの
梁が出てきました。

そして、、、びっくり。
古~いドアが!


maison



予想外。

これだから古い家の修復は面白いです。

建てられた当時(1600~1700年代)は一軒の家だったのを
その後壁を作ってふたつに分けたようです。


残念ながらドアの木は虫食いだらけでボロボロなので
取り除くことになりそうです、、、

古いドアを買って飾りとして付けても可愛いだろうなーと
思っています。




フレンチアンティークのお店Abeille

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
|家の修復 | comment(0) |
祈っています。





フランスでもトップニュースで毎日日本の地震のことを
やっています。

あまりにもショッキングな映像と被害の大きさとに
ただただ、、、唖然としています。。。 


Abeilleのお客様の中にも東北地方の方がいらっしゃるので、
被災されていないか気に掛っています。


みなさまの無事を心より祈っています。



フレンチアンティークのお店Abeille

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
|暮らし | comment(0) |
プレゼント
cadeaux


日本から嬉しいサプライズプレゼントが届きました。

今日は私の誕生日。
日本からなのにピッタリこの日に届くなんて。

日本の桜のお茶や蜜蝋のろうそく、
そして「SOLEIL et LUNE」という素敵な読み物。
仙台にあるベジタリアンカフェ・ハーブ専門店ノワイヨさんが
刊行している小冊子だそう。
今回の地震、大丈夫だといいのですが、、、

表紙の写真が見覚えのあるモンサンミッシェルの家で
なんだか嬉しくなりました。

中身も読みごたえたっぷりです。

もう10年以上見ていない日本の桜を想いながら、
桜のお茶をゆっくりいただこうと思います。

Mさん、ありがとうございました!


そしてメッセージをくれた友人達も、ありがとう。

日本はまだまだ大変なことになっているけれど、気を付けて。
そして、がんばって。。。




フレンチアンティークのお店Abeille

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
|暮らし | comment(2) |
天井板を張る
maison


小さな家の修復。

今まで壊したり取り除いたりするばかりだった修復作業。

やっとプラスの作業に。

2階部分の天井板を張り始めました。

梁の上に幅10cm程の板を渡して固定していきます。

材質はパイン材。
最終的には塗料を塗って白っぽく仕上げる予定です。


部屋の角が全く直角に出来ていないので、板を張っていくのも
一苦労です。。。



フレンチアンティークのお店Abeille

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
|家の修復 | comment(0) |
買い付け再開
poupe



冬の間お休みしていた買い付けをやっと再開しました。

この辺りは屋外でのマーケットがほとんどなので、
寒い冬の間3か月くらいはお休みになってしまうのです。

久し振りの買い付け。

私達にしてはとっても珍しく、人形を買ってしまいました。
50年代のものだとのことですが、もう少し新しいような、、、
この手のものにはあまり詳しくないので良く分からないのですが、
なかなか可愛らしいです。

背中に付いているネジを回すと「エリーゼの為に」が
流れて、首がゆっくり回ります。

Abeilleのテイストとはちょっと違うので、お店に出すか
娘にプレゼントするか迷い中です。。。


他にもいろいろ仕入れてきたので、更新をお楽しみに!



フレンチアンティークのお店Abeille

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
|Abeille | comment(2) |
フルーツ皿
assiette


新商品を更新しました。

今週のお気に入りは、美しいフルーツ皿。

曲線がとっても美しいフォルムです。
写真では伝わりにくいのが残念ですが、、、

フルーツを盛ったり、
お菓子を盛ったり、
サラダ皿としても、
いろいろ使えそうです。




フレンチアンティークのお店Abeille

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
|Abeille | comment(1) |
ブルターニュより
rennes


隣町のレンヌで東日本大地震への義援金活動がありました。

先週の土曜日に続き、昨日で2回目。

市役所前広場の特設テントでやっていたのですが、
このブルターニュの一地方都市にこんなに日本人がいたのかと
びっくり。
レンヌ大学に留学している学生さんもたくさんいて。
みんな遠く離れた日本のことを想って集まった人ばかり。

私は午後の数時間お手伝いに行ったのですが、
多くのフランス人の方が募金に協力してくれて、日本のことに
興味津々な方も多くて、なんだか嬉しくなりました。


フランス人には折り鶴の吊るし飾りが大人気。

私は、母が書いてくれた書を使った手作りのカードを20セットほど
寄付で持って行ったのですが、あっという間に売れていきました。

かなりたくさん、数百万円の募金が集まったようです。


まだまだ余震や原発事故の不安もあって大変な日々だと思うのですが、
この遠く離れたフランスからの応援の声が届くといいなと思っています。



フレンチアンティークのお店Abeille

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
|暮らし | comment(0) |
床板を張る
maison


小さな家の修復。

屋根裏部屋の床板を張り始めました。

先に張った2階部分の天井板の上に木の棒を渡します。

梁がたわんでいるので、その上に張った天井板もかなり
斜めになっています。
木の棒を固定する際に出来るだけ水平になるように、
木片をかませながら修正。

あらゆる方向に傾いているのでかなり大変な作業です。
完璧に水平にするのは無理なので、「ある程度」水平な
床になるようにがんばりました。

天井板と床板の間には麻の繊維を断熱・防音材として
ぎゅうぎゅう詰めていきます。

床材もパイン材にしました。



フレンチアンティークのお店Abeille

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
|家の修復 | comment(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。