スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|スポンサー広告 | |
砂壁2層目終了
maison


小さな家の修復。


2階の壁。

4面のうち3面の砂壁が出来上がりました。


残り一つの壁はお隣さんとの境の壁で、いい感じの梁が
出てきたので、梁を残して間をモルタルで埋めて、
可愛い壁ができる~と思っていたのですが、、、

お隣さんから「音が筒抜けなので防音材を入れて壁を
厚くして欲しい」と要望が。。。

残念。。。
「お宅の壁を2重にすれば」とも言えず。。。

せっかく発掘したこのいい感じの古い梁は全て、結局元通り
壁の中に隠れてしまうことになりそうです。


maison




フレンチアンティークのお店Abeille

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ


スポンサーサイト
|家の修復 | comment(3) |
砂壁の塗装
maison


小さな家の修復。


2階の砂壁の塗装をはじめました。

塗料も自然なものを、、、ということで、石灰塗料です。

石灰+顔料+セル・ダラン(フキサチーフ)+水+天然洗剤
を混ぜて作ります。

これを大きな刷毛で砂壁の上に乗せるような感じで
塗っていきます。

水分がかなり多めの塗料なので、乾いたら2回目、3回目と
重ねて塗るのがポイント。

顔料はフランスの土から取れる茶色のものにしました。
仕上がりは柔らかい感じのオフホワイトになります。




フレンチアンティークのお店Abeille

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ


|家の修復 | comment(0) |
自転車
velo


自転車が気持ちいい季節になりました。

という訳で、
旦那さんの自転車コレクション。

“ポーター”というタイプの自転車で、前部に大きな荷台が
付いているのが特徴。
後輪ブレーキはペダルを後ろ方向に回すとかかる仕組みに
なっています。オランダの自転車みたいですね。

この1970年代あたりの自転車が好きで、
このプジョー社の赤色の自転車と全く同じモデルの黒色、
そしてモトべカン社の黒色、
とポーター自転車を3台も持っています。

それとは別に
プジョーの白いサイクリング自転車、
プジョーの紫色の折り畳みミニ自転車、
プジョーのオレンジ色のミニ自転車、

そして私のプジョーの緑色の自転車、

、、、と、今我が家の地下には7台も自転車が。
もう置き場所が無いのでなんとかしなければ、、、



フレンチアンティークのお店Abeille

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ


|暮らし | comment(0) |
4つめの壁
maison


小さな家の修復。


4つ目の壁に取りかかりました。
お隣さんとの境の壁なので、防音をしなくてはなりません。

古い梁と梁の間の砂やホコリをブラシをかけて取り除き、
掃除機をかけて綺麗に。

そして木の板を張っていきます。
梁と梁の間には麻の繊維をギュウギュウ押し込んで。

梁がまっすぐに並んでいないので、かなり凸凹。。。

この木の板を一番上まで張り終わったら、この上にもう一層。
石膏ボードにするか、木の板にするか、迷っています。



フレンチアンティークのお店Abeille

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ


|家の修復 | comment(0) |
天井板の塗装
maison


小さな家の修復。


4つ目の壁はまだ終わっていないのですが、
2階の天井板を塗り始めました。

まずは梁に紙やすりをかけて金属ブラシをかけて
綺麗にしてから、梁と梁の間の天井板を塗ります。

塗料も自分達で手作り。

顔料と亜麻仁油を混ぜてよく練ってから、テレビン油を加えて
よく混ぜます。

これを刷毛で塗っていきます。

木の木目が見えるような柔らかい感じの仕上がりに。

まずは1度塗り。

様子を見て、もう少し白い方が良ければこの上にもう一度
塗る予定です。



フレンチアンティークのお店Abeille

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ


|家の修復 | comment(0) |
フィルター付きコーヒーポット
cafetiere


新商品を更新しました。

今週のお気に入りは、ホーロー製のコーヒーポット。

フランスのコーヒーポット特有の、フィルター付きです。

フィルター部分にも取っ手が付いているデザインは
なかなか出会うことが無く、レアものです。

シルエットがなんとも素敵ですね。
絵になります。。。




フレンチアンティークのお店Abeille

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ


|Abeille | comment(0) |
一階の壁作り
maison


小さな家の修復。


一階の階段横の壁に取りかかりました。

もともとあった石膏ボードの壁は湿気でカビ臭く
なっていたので、全て取り除いたところ、お隣の壁が
出てきました。素焼ブロックでできています。

この素焼ブロックの状態があまり良くないので、石灰モルタルで
補強することに。


maison


この壁もお隣さんから「防音して欲しい」と言われたので、
この壁の前に壁を作る予定です。

床は湿気対策の為に、大きめの砂利を敷き詰めてから
石灰モルタルをその上に流します。


maison


この上に壁を立ち上げていきます。
続きはまた次回。。。





フレンチアンティークのお店Abeille

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ


|家の修復 | comment(0) |
真鍮製の燭台
bougeoir


新商品を更新しました。


今週のお気に入りは、真鍮製の燭台。

我が家も同じものをタンスの上に置いていますが、
古い真鍮の味とシンプルなフォルムがお気に入りです。

真っ白なロウソクを差して飾っていますが、それだけで
絵になります。。。

個人的に古い真鍮は味があって好きです。
歪みがあるのも◎。


フレンチアンティークのお店Abeille

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ


|Abeille | comment(0) |
一階の壁作り 続
maison


小さな家の修復。


一階の階段横の壁の続き。

砂利を敷き詰めて石灰モルタルで作った床の上に、
木材を渡して壁の土台を立ち上げました。

水平器を使って垂直を出しながら木材を組んでいきます。

そして上の梁をしっかり補強します。

防音材を入れて、この土台の上に新しく壁を作る予定です。

この続きはもう少し後で。。。

これから他のことに取りかかります~。



フレンチアンティークのお店Abeille

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ


|家の修復 | comment(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。