スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|スポンサー広告 | |
ソースカップ
sauciere


新商品を更新しました。

今週のお気に入りは、真っ白なソースカップ。

1897年創業のBadonviller窯製。

ステンシル模様のものも素敵ですが、真っ白な食器は
また別物。

古い陶器の白は「穏やかな白」というか、、、
目に痛くないやさしい白色です。

綺麗な色の花を挿して花器として使うのも素敵ですね。



フレンチアンティークのお店Abeille

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ


スポンサーサイト
|Abeille | comment(0) |
床板を取り除く
maison


小さな家の修復。


2階の床。

ところどころ痛みが激しかったり穴が開いていたりするので
床板を全て取り除くことにしました。

のこぎりで切りながら少しずつ取り外していきます。

梁を綺麗に掃除してから新しく木の板を張ります。


まだまだ先は長い。。。



フレンチアンティークのお店Abeille

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ


|家の修復 | comment(0) |
2階の床
maison



小さな家の修復。

2階の床。

新しく木の板を張りました。パイン材です。

一気に部屋が綺麗になりました~(嬉)。


これは1階の天井板になります。

2階の床板は、この上に防音材を入れてからもう一層
木の板を張っていきます。

まだまだやることがいっぱい。。。



フレンチアンティークのお店Abeille

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ


|家の修復 | comment(0) |
クラシックカー
voiture


この週末、我が街に「ツールドブルターニュ」がやって来ました。

「ツールドブルターニュ」といっても自転車レースの方ではなく、
クラシックカーのパレードです。

広報によると合計1300台の参加だそう。

すごく可愛いアンティークカー達をたくさん見ることができて
大満足。

昔の車は形も可愛いけど色もいいですね~。

車に乗っている人たちもそれぞれとびきりおしゃれをしていて
昔風の仮装をしている人もいてなかなか見ごたえが。


いつか小さくて可愛いクラシックカーが欲しいなぁ。。。



フレンチアンティークのお店Abeille

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ


|ブルターニュ | comment(0) |
さくらんぼ
cerises


今年もさくらんぼの季節がやってきました。

5,6月と暖かい日が続いたので、もうすっかり完熟です。

家の近くにある大きなさくらんぼの木。

毎日のように採りに出掛けています。

甘酸っぱくて美味しい。。。

さくらんぼのタルトとか、何かお菓子でも作ろうかと思いながら、
結局全部そのまま食べ切ってしまう毎日です。




フレンチアンティークのお店Abeille

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ


|暮らし | comment(0) |
床作り
maison


小さな家の修復。


2階の床。


新しく張ったパイン材の板の上に角材を渡していきます。

水平が出ていないので、ところどころ木片をかましながら

角材を固定していくので時間が掛ります。。。


この後、電線を配置して、防音材を入れて、この上に
床板を張っていきます。

床材はパイン材ではなく、もう少し固い樫の木にする予定です。



フレンチアンティークのお店Abeille

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ


|家の修復 | comment(0) |
古いタンス
commode


古いイギリス製のタンスを買いました。

2個目です。

昨年買ったタンスも痛んでいたものを修復したのですが、
今回も同じく数日かけて修復しました。

1個目のタンスよりも一回り小さくて、丸い足が付いていて
可愛いです。


タンスの上には古い陶器製のピッチャーにあじさいのドライフラワー。

そして小さな鋳鉄製のアイロン。
これはブルターニュ地方の民族衣装のコワフ(頭にかぶる
帽子のようなもの)にアイロンをかける時に使われたという希少品。

なかなか出会えないのですが、ついこの間2個まとめ買いしました。
1個は近々Abeilleに出す予定です。


フレンチアンティークのお店Abeille

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ


|暮らし | comment(0) |
壁作り
maison


小さな家の修復。


1階の階段横の壁作りの続きです。

2階の床板を張ろうと思っていたのですが、床材の在庫が無くて
入荷までしばらく待たなくてはならないとのことで、、、

途中になっていた1階の壁を進めることにしました。


木材を渡した後に麻の繊維でできた防音材を入れて、
パイン材の板を張っていきます。

階段の形に合わせて切っていかないといけないので
時間が掛ります。。。



フレンチアンティークのお店Abeille

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ


|家の修復 | comment(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。