スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|スポンサー広告 | |
床板
P1110822.jpg


「メゾンアトリエ」の修復。


今度は床板。

古い床板は、分厚い樫の木で作られていてとても素敵なのですが、
割れていたり、穴が空いていたり、腐っている部分もあり、、、

直せないかな、、、とかなり迷いましたが、結局
全て取り除いて新しく張り直すことに。

硬い樫の木、しかも分厚くて太い釘で止めてあるので、
取り除くのも大変。
少しずつ切りながら剥がしていきます。

梁をブラシがけして綺麗にした部分から、新しい板を
張っていきます。
新しい板はパイン材。
これは最終的に床板になる訳ではなく、この上にもう一層
床板を張ります。
このパイン材の板は、下の階の天井板になります。

最終的な床板張りはもう少し先に。。。
その前にやることがまだまだ山積みです。



フレンチアンティークのお店Abeille

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
スポンサーサイト
|家の修復 | comment(4) |
窓とドアの取り換え
P1110965_201402170230513ea.jpg



「メゾンアトリエ」の修復。


窓とドアの取り換え。

古い家なので、既製品のドアと窓では合うものがありません。
職人さんに頼んで作ってもらいました。
今住んでいる家のドアと窓を作ってくれた職人さんです。

この職人さん、とても腕が良くて素敵なドアと窓を
作ってくれるのですが、設置はしてくれません。。。

数か月待ってやっと出来あがってきた窓、美しい~。

まずは塗装。
色をどうしようか迷いましたがグレーに決めました。
オーガニックのお店で購入した亜麻油の塗料です。
内側は木肌のままで。

古い窓を取り外してから周りの石膏やモルタルを
全て取り除いて綺麗にして、、、
新しい窓を設置して、金属製の金具で固定。
その後、石膏で固めます。
最後に石灰モルタルで周りを綺麗に埋めて終了~。

P1120054.jpg


P1120147.jpg

窓が変わると印象がガラッと変わります。
ドアは、晴れた日に塗装する予定。
でもずっと雨続きでなかなか塗れません。。。



フレンチアンティークのお店Abeille

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
|家の修復 | comment(2) |
Daphne
P1120210.jpg


お向かいのおばあちゃんがお花を持って来てくれました。
庭付きの大きなお家に住んでいるので、時々お花を
持って来てくれるのです。
この小さな田舎町では、ご近所さんが優しくて温かいです。。。


Daphne(ダフネ)、じんちょうげです。

そういえば、いつかブログで記事にした記憶が、、、と
探してみたらありました。

家に入ると、じんちょうげの香りがフワ~ッと漂って、、、
もうすぐ春ですねぇ。


フレンチアンティークのお店Abeille

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
|暮らし | comment(2) |
梁入りの壁づくり
2013sep17.jpg

「メゾンアトリエ」の修復。


2階の間仕切り壁。

壁紙と砂壁を取り除いたら現れた古い木の梁の壁。
この梁を生かした壁にします。

梁が足りない部分は、屋根に使われていた梁を
再利用して補います。

石灰モルタルで梁と梁の間を埋めていきます。
これが結構時間が掛かる、、、
一度に埋めるのは無理なので3度に分けて
重ねていきます。

P1120197a.jpg

出来上がり~!
可愛い~!

そして裏側。
薄く裂いた栗の木が土台になっています。

2013sep22.jpg

この上に石灰モルタルを付けていって、1層目が
乾いたらその上に仕上げの2層目。

P1120191a.jpg

ふ~。。。


フレンチアンティークのお店Abeille

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
|家の修復 | comment(2) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。