スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|スポンサー広告 | |
天井板を張る
P1130437.jpg

「メゾンアトリエ」の修復。

また屋根裏部屋へ移動。。。

途中だった屋根の断熱材の設置の続きです。

予算の都合で1層目はグラスウールを設置しましたが、
2層目は麻の繊維で出来た自然素材の断熱材を使います。

断熱材を抑え込むように木の板材を張っていきます。
ここで使う板材は、すでに白く塗ってあるパイン材。

下から上に向かってどんどん張っていきます。

P1130440.jpg

窓の周りは複雑なので後で。。。


フレンチアンティークのお店Abeille

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
スポンサーサイト
|家の修復 | comment(0) |
屋根裏部屋の壁と天井板張り
P1130434.jpg

「メゾンアトリエ」の修復。

屋根裏部屋の壁と天井板張り。

出窓の周りは複雑なので時間が掛ります。

P1130682.jpg

角材で補強した後、断熱材を詰めて板を張っていきます。
下部は栗の木の板で階段状に。
古い梁が斜めになっているので合わせるのが大変。。。

P1130438.jpg

天井は、この複雑な梁がクセモノ。

P1130680.jpg

時間が掛りましたが、なんとか完成!

あとは角の部分や窓の周りなどにL字型の棒材を付けたら終了~。

P1020056_20140915172305a11.jpg

こんな状態だったのが、、、

P1130683.jpg

こんな感じに。
綺麗に明るくなった!


フレンチアンティークのお店Abeille

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
|家の修復 | comment(2) |
トイレスペース
2013juillet9.jpg

「メゾンアトリエ」の修復。

トイレスペースへ。

1階奥の小さな小部屋。
ドアを開けると洗面台、その奥にシャワーとトイレが
くっ付きそうな状態でギュウギュウに作りつけられていました。

P1020051.jpg
このまま使うのはちょっと嫌だな、、、と、、、

どうするか、、、迷いましたが、思い切ってお風呂を
屋根裏部屋に作ることにして、ここのスペースはトイレと
手洗い場のみにすることに。

全て取り除いて、壁の石膏もはがして、、、

P1120237.jpg

ここのスペースは後から増築されたようで、壁は
素焼きブロックで作られていました。

素焼ブロックの上に石灰モルタルで新たに壁作り。
2層作ったら、仕上げに石灰塗料を2度塗り。

天井ははがさずに、ペースト状の下地材を塗ってから塗装。

床は部屋と同じく素焼タイルを張りました。

この後、水道屋さんに配管に来てもらいます。


フレンチアンティークのお店Abeille

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
|家の修復 | comment(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。