スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|スポンサー広告 | |
屋根の葺き替え工事
WP_20160531_006.jpg

家の外壁の修復が無事に終わって足場も撤去しました。

そして、、、
屋根の葺き替え工事開始です!

北側は昨年終わらせたので、南側の残り半分。

古いスレート材の板を外して、
その下の細い横木を外して、
またその下の太めの木材を切りながら外して、

WP_20160601_009.jpg

S氏、2度ほど足を踏み外して、というか腐った木の上に乗ってしまい
スネを負傷しましたが、なんとか撤去終了。

翌日。

古い梁はそのまま残すので、ブラシをかけて綺麗にして、
新しい木材を組んでいきます。
梁が全て曲がっているので大変な作業。
知り合いの大工さんに来てもらってなんとか1日でここまで。

WP_20160603_001.jpg

そして、その翌日。

早朝、知り合いの屋根職人さんが到着。

木材の設置の続きをします。
木材に印を付けたら、横木を釘でガンガン打ち付けて、、、

WP_20160604_001.jpg

雨どいを取り付けてから、、、
スレート材を張っていきます。

WP_20160604_002.jpg

今日はここまでで時間切れ〜!

お疲れ様でした。
雨、降りませんように。。。


フレンチアンティークのお店Abeille

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
スポンサーサイト
|家の修復 | comment(0) |
アトリエの屋根葺き替え
WP_20160608_001.jpg

アトリエの屋根の葺き替え工事、まだまだ続いています。

WP_20160611_009.jpg

スレート材は石の板なので直接上に乗ると割れてしまいます。
なので作業の進め方を考えながら張っていきます。
張った上に乗らないといけない時は、軽い木製の平らな専用のハシゴを
使って重さを分散させます。
通気口や、端の部分はスレート材をカットしないといけないので
時間がかかります。

WP_20160618_002.jpg

通気口(アンティーク屋さんで見つけた古いブリキ製のもの)を2個付けて、
屋根のてっぺんの素焼き帽子も付けて、
正面の屋根はなんとか終了しました!

次は側面。
こちらは高い場所なのでドキドキ。。。


フレンチアンティークのお店Abeille

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
|家の修復 | comment(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。