スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|スポンサー広告 | |
屋根裏部屋の続き
P1120462.jpg

「メゾンアトリエ」の修復。

屋根裏部屋の続き。

天井は断熱材を入れたところで一時中断。

石灰モルタルで作り終えた壁を今度は石灰塗料で
塗りました。

壁が白くなると一気に雰囲気が変わります。


そして床板も張って綺麗になりました。

床板は栗の木に決めました。
今住んでいる家は修復の際、オーク材をたくさん使ったのですが、
今回の家は、栗の木を多く使う予定です。
オーク材よりも栗の木の方が色が明るくて今回の家の雰囲気に
合うと思うので。。。


この後は下の階に移ります~。

フレンチアンティークのお店Abeille

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
|家の修復 | comment(2) |
comment
abeilleさーん、
栗の木の床とっても素敵☆
クリーンな工事現場、羨ましいよぉー
私もエンドレスな埃まみれからいい加減脱出したいっ!やってもやっても埃が出てくる。。。
暑くなってくると特に埃まみれはいやぁね。
2014/06/1305:52 | URL | edit | posted by poteri
>poteriさん。

カントンさんの窓見たよー。素敵。
取り付けるのが楽しみだね!

うちはやっと埃が少なくなってきたけど、でもまだまだ出てくる。。。
昨日も10袋以上ゴミ袋を捨てに行ってきたし。。。

今日もこれからお手伝いに行ってきます~。
2014/06/1715:58 | URL | edit | posted by Abeille
comment posting














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。