スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|スポンサー広告 | |
素焼きタイルの準備
P1130077.jpg

「メゾンアトリエ」の修復。

2階の床板張りが終わって、今度は1階の床作りへ。

すでにセメントが打ってあるので、この上に
タイルを張っていくだけ。

、、、なのですが、、、


素焼きタイルを張ることに決めて長い間探して探して、
古いものを安く手に入れることができました。
アンティーク屋さんで買う値段の半分くらいで買うことが
できたのですが、古い家の床からただはがしたままの状態。

モルタルや砂が付いたままなので、一枚一枚綺麗に
しなくてはなりません。。。

床面積は小さいのですが、一枚のタイルが小さいので
全部で約1200枚。
これを一枚ずつ全ての面に付いている古いモルタルを
ヘラで削り、金属ブラシをかけていきます。
砂ぼこりが舞います~。 もう全身真っ白。。。

P1130078.jpg


その後水を張ったバケツにしばらく漬けます。

この素焼タイルの準備だけで約2週間!

この後、一枚ずつ張っていきます。。。


フレンチアンティークのお店Abeille

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
|家の修復 | comment(0) |
comment
comment posting














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。